変態じゃないけど

最近、電車通勤してるんです、私。

で、自宅までの帰り道のこと。
夜も11時過ぎてヘロヘロで疲れ果てて
歩いてたのですが、駅を降りてから
私の前をずーと同じ方向をめざして
女性が歩いてました。

いいけつb

決してエロエロモード満載で後ろを
おいかけていたわけでは。
あはは、ちょっとはあったかも。

きもちわるい1

女性にしたら後ろから男性があとを
つけるように歩いてるように
感じたのかもしれません。

へんたい1

自意識過剰じゃないの!
って思うのですが
奥さんにいわせれば、私は
どこからみても変態じじいにしか
みえないそうで。

で、そんな私に追いかけられてるって
思ったのか、その女性はかなりの早歩きに!

ちょっとムカっとした私は
彼女にあわせて早歩き。
でも、体力のない私は
差をつめることはできず
少しずつ引き離されてしまいました。

で、とある分かれ道で彼女は
赤やじるしの方向へ。

2019110913593133a_20191109200600038.png

私は青やじるしの方向へ。
で、ダッシュして彼女を追い越してやろう
なんてことを。

オレの後ろを歩け~。
オレは変態ちゃうぞ~。
へんたいwerty
なんて心のなかで叫ぶような展開を
思い描いていたのですが
あ地点にダッシュでたどり着いたとき
彼女の姿は後方になく・・・・。

手前のマンションのどこかが彼女の
自宅だったんでしょうね。

仕事でヘロヘロなところに
ダッシュしてよけいに疲れが。

で、疲れた私は
これぐらいにしとおいたろ
なんて思うしか・・・・・。

無題eeer


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント